今年ものすごい久しぶりにネルシャツを買ってみたら、これがなかなか使いやすいし暖かい。
ここ数年の冬はユニクロのエクストラファインメリノを中心にしていたんだけど、シルエットがいまいちしっくりこなくて、どうしようかなあと思っているところにちょっと目にしたので試したらしっくりきたもの。冬のアウターの下はこれくらいか、このうえにカーディガンを羽織ればよいのではないだろうか。


ポケットが柄と同じに揃っているのはいい。ユニクロもそうだけど、CAMCOとかは斜めなんだよね。
トラディショナルなネルシャツほど斜めに配置されているみたい。ぼく自身は柄が揃っている方が良い。

着丈は相変わらず短めで、特にタイトでもなくリラックスシルエットでもない感じは無印っぽい気がする。

他に買い足す候補のメモ

ネルシャツもう一枚買い足そうかなあと思っているので、ざっと調べた候補をメモをしておく。

ユニクロで購入

 利点:安い。また入手がし易い。
 欠点:シルエットが気にいるかどうか。面白みはない。

CAMCOにする

 利点:定番の安心感。シルエットはふつうで、柄は好きそうな感じ。
 欠点:買いに行くのが面倒(多く揃っている場所を探さないと)なのと、柄が事前に選べない。

ペンドルトンのウールシャツにする

 利点:ウールなのでたぶん他より暖かい。シルエットは好きそうな感じだし、柄は普通
 欠点:買いに行くのが面倒(多く揃っている場所を探さないと)なのと、柄が事前に選べない。どれくらい縮むのかわからない。

Patagoniaのフランネルにする

 利点:事前にデザインを決定できる。直販店の場所はわかっている。
 欠点:買いに行くのが面倒。

無印良品で違う柄のを買う

 利点:シルエットなどがわかっている。買いに行くのが面倒ではない
 欠点:面白みがない。決め手となる柄がない。

合理的に考えれば無印なんだろうけど、せっかくだし、定番どころを買って沢山着ても良い。しかし、試着しに買い物に行くのが面倒になっているので、さくっと無印で買うか、試着しに出るかのどちらかで決まりそう。最近あまり品質にはこだわらなくなったーー正確に言えば、無印とかユニクロでけっこう満足してしまうようになったんだよねえ。

2017-11-30追加:

 面倒なので無印で追加分を購入

洗濯

洗濯はネットに入れて通常コースで洗うだけでよい。
乾きもそんなに遅くはなくて、一日でじゅうぶん乾く。
アイロンはかけなくても大丈夫だけど、乾いた当初はちょっとしわい。

商品データ

ブランド無印良品
サイズS
主要な色Red
素材Cotton
購入日2017/10/25
値段¥2,990

着用回数:11

着用単価:¥271.82

着用履歴:

    にほんブログ村 ファッションブログへ